目の付け所

『目の付け所』というタイトルの今日の作品。

『目』といっても、顔にある『目』だけではないのです。

くまさん流の『目の付け所』は、役に立つ考え方の一つです。

k571

『目を充分に観察すると役立つ』

と、書かれています。

普通、『目』は、モノを見るための器官です。

でも、『目は口ほどにモノを言う』ともいいます。

『目』を見ることで、わかることもたくさんあるのです。

しかも、くまさんいわく、『目』は、『頭』についている『目』だけではないのです。

『手』にも、『足』にもついているようです。

『頭の目』⇒『一般的』

『手の目』⇒『指圧師』

『足の目』⇒『実践者』

たしかに、指圧やマッサージをお仕事にされている方の中には、『手』には、まるで『目』が付いているかのように、身体の状態を見抜いていく方がいらっしゃいます。

そして『足』を使って行動をされている実践者の方にも、『足』に『目』がついていると、くまさんはおっしゃいます。

実践している人にしか見えない『モノ』『コト』があります。

結果が出れば出るほど、感じたり、キャッチできたりする情報は増えるもの。

まるで『目』で見えるように、情報を受け取れるようになってくるのです。

こうしたことから、逆説的に『目を観れば判る』ということにつながります。

『民の目の位置』『眠である。罠である』

『現代の人類は幼稚園年少組の目』

『富に目が血走っている』

こうしたポイントで、『顔』や『手』『足』についている『目』を見れば、その方の人間性や能力が透けて見えるのです。

相手を知ることは、自分の人生に大きく関わります。

『目』は、重要なチェックポイントとなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です