改富・・・とは?

久しぶりに、新しいくまさん語が誕生しました。

『改富』です。

どんな意味なのか? 順を追って説明します。

k515

『改富』は、どうやら『改善』の対義語のようなんです。

通常、『改善』は、辞書的にいうと『悪いところを改めてよくすること』であり、モノゴトを良くしていくために変化させていくことです。

ところが、くまさんは『改善』の『善』の文字に注目したのです。

そう、『富』と『善』の『善』です。

それゆえ、『改富』なのです!

『改富』⇒『富の為に改める』⇒『×』

『富とは物質的豊さ』『経済的豊かさ』『差別化・個別化』

ここからは、『不安』が生まれます。

『改善』⇒『善の為に改める』⇒『○』

『平和・喜びがある』『愛と一体の豊かさ』『公平・平等』

ここからは、『愛』が生まれます。

こんな風に、整理すると違いがよくわかります。

通常、多くの方が行っているのは、『改善』ではなく『改富』のパターンだということが見えてきます。

どうしたって、目の前の『経済』を追いかけたい気持ちになりがちです。

今まで、より正しい方法を教えてくれる人がいなかったのですから、仕方ありません。

でも、落ち着いて客観的に見てみると、どちらの価値が本当の意味で高いかは、誰にでもわかるはずなのです。

実際に『改善』を行ってみると、『経済』も動くので、とても多くのモノを手にすることができるようになります。

急がば回れ!

しっかりと、なんのために『改める』のかを、見据えたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です