悪しき習慣やシステム

『人生で大事な事』と、いうタイトルが付けられた今日の作品。

とても重いテーマと思いきや……

具体例が、くまさんらしくて微笑ましい内容です。

k511

『人生で大事な事』として

『より高い存在に努力する事』

『高い存在とは愛であり平和であり喜びある存在、社会環境である。』

と、書かれています。

崇高な内容で、普段の生活とは少しかけ離れた感じを受けるかもしれません。

しかし、ここから誰にでも分かるような展開になります。

『現生での悪しき習慣やシステムを私の身をもって

よりよい方向に変るお手伝いができればと思う』

と書かれ、『具体例』が紹介されています。

『我が家の母が死亡した時,戒名代を70万円と

言われた。高額にびっくり・・・・・

私は子供達に遺言として戒名代は相場の半額

以下であることを希望します。』

なんとも、くまさんらしい『具体例』です。

本当に、世の中には『不要』な悪習慣がたくさんあります。

私は、戒名もお墓もいらないと感じている人間です。

それどころか、お葬式もいりません。

火葬して灰にしてもらえれば十分だと思っています。

灰になったら、どこか綺麗なところに撒いてもらえればそれでいいです。

今のような、お墓のシステムになったのは、江戸時代の途中、それも末期のころという説があります。

そもそも、庶民には『お墓』は許されていなかった時代が長かったのです。

それを考えると、『いらない』と感じてしまいます。

『お墓』も『お葬式』も、本人のためという以上に、残されたもののために存在しているように思います。

今の世の中には、いらないものや、過剰な状態で運営されているものがたくさんあります。

成り立ちを振り返れば、必要のなさを理解できるものがいっぱいあるはず。

客観的に判断して、『悪しき習慣やシステム』は、減らしていきたいと、私も思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です