一杯のコーヒーと、焼きそば

くまさんと知り合った最初の2~3年間は、プライベートの悩みで苦しんでいた時期でした。

そんな時に、聞かせていただいたお話が、そっくりそのまま作品になっているのが今日の内容です。

k483

『原点の思い出』というタイトルがつけられています。

『一杯のコーヒー』⇒

『本当に辛い体験後の一杯のコーヒーには感動した。普段のコーヒーには感動はない』

『焼きそば』⇒

『辛い時代に正月初詣の時 500円の焼きそばが高いので食べられなかった。

普段は旨い不味いで食べている』

くまさんも、私と同様、精神的に追い詰められて、『死』を考えるところまで、経験されています。

そして、激貧の時代も経験されています。

銀行口座にもお財布にも、どこにも現金がないという経験は、かなり辛く厳しいものです。

しかし、その時に感じた、感覚や思いは、他では味わえない貴重な体験とも言えます。

その時のことを思えば、『今』がどれほど恵まれていて『幸せなのか』を、しみじみと感じることができるのです。

また、くまさんは、悩みを相談していた時に、よくコーヒーをごちそうしてくださり、悩み事をじっと聞いてくださいました。

ご自身の体験から、アドバイス以上に『聞いてあげること』『一杯のコーヒー』が、心を癒すということをご存知だからです。

人から悩みを相談されたとき、ついつい、人生の先輩風を吹かせて、色々とアドバイスをしがちですが、案外、本人の中では、答えに気づいていて、そこに直面したくないだけのこともあります。

気づいているかいないかは別としても、実際に、答えはご本人の中にあります。

そこに向き合うためにも、安心させてあげることが一番だったりするわけで、そんな体験は、その方にとって、後に『原点の思い出』になるのだと思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です