またまたまた『富』と『善』

またまたまた、『富』と『善』です。

よくぞ、同じテーマを違う角度で作品化できると、くまさんのイメージ力に感服。

くまさんいわく、時間担当者のファイルに、作品化を待っている素材は溢れているそうです。

k482

ちなみに、『時間担当者』というのは、くまさん独自の単語です。

意味は、以前の作品でもご紹介していますが、簡単に言うと、頭の中身を一時的に保管するメモを入れておくファイルという感じの場所です。

現在、どんどんとこのファイルにメモが溜まっていて、毎日1枚の作品の作成だと、メモの数を全くこなせず、メモが貯まる一方のようなのです。

元々は、月に1枚の作品を作るつもりでスタートしたはずが、今やとんでもないことになっているわけです。

まさに、『続けるヒケツ』を実践したからこそのミラクルです。

そして、今日の作品についてですが、描かれている三角形は、『氷山』を意味しています。

その『氷山』には、水面という境界線があり、

『表面』と『裏面』『(見えない部分)』に分かれています。

黄色い三角形は、氷山が水面から顔を出している部分を示していて、

この作品の場合は、『富』=『個別化』『経済的豊かさ』『物質的豊かさ』『得に関心』

を、表しています。

残りの下の部分は、水面下に広がる大きな部分を示していて、

この作品の場合は、『善』=『全体化』『愛の豊かさ』『すべての豊かさ』『徳に関心』

と、いうことを表しています。

一番下に、

『今のあなたは本心でどちらに関心がありますか』

と、書かれていて、黄色いニコちゃんマークと、青いニコちゃんマークが、『富』と『善』のそれぞれの方向を向いています。

さあ、今の心はどちらを向いていますでしょうか?

くまさんも私も、おおむね『善』の項目に心が動いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です