素直と感謝

『素直』と『感謝』という、二つの作品をまとめたのが、今日の作品。

なぜ、この二つをまとめたのでしょうか?

きっと、今のくまさんにとって、必要を感じる言葉なのではないかと思います。

k277

それぞれが、一枚ずつ別の作品として作成されています。

まずは、一つずつご紹介したいと思います。

一つ目の『素直』という単語については、

『主(神)の糸(意図)宇宙自然の法則に合わせて直す』と書かれています。

『素』という文字が『主』=『神』と『糸』=『意図』の二つの文字によって構成され、神の意図である『宇宙の法則』という意味であるとくまさんはおっしゃっています。

そして『直』は、直すと解釈されていますので、『素』に合わせて直すことが『素直』となるわけです。

『直』を直すではなく、真っ直ぐとも取ることもできるので、『素』に対して真っ直ぐとも言えるのではないかと思います。

いずれにせよ、『素直』という言葉は、『何に対して』なのかが大切なポイントです。

『人』や『自分の感情』に対しての『素直』は、本当の『素直』ではないのです。

次に『感謝』という単語は、

『か=神に』

『ん=運命を委ねる』

『し=信頼して』

『や=や萬のエネルギー』と一文字ずつを分解しています。

この解釈も、とてもくまさんらしいものです。

『感謝』という行為、心情が、『運命』を『神』に委ねることで、エネルギーを得ることに繋がるというのは、それこそ『素直』になることのように感じます。

自分の中から余分なものを削ぎ落とし、真っ直ぐに『宇宙』のエネルギーに繋がっていくこと。

これを目指して生きていくことが、人間のあるべき姿なのではないでしょうか?

どうしても、『我』というものが出てきてしまいます。

目の前のことがらに翻弄され、『欲』に支配されてしまうのが、『人』のサガです。

ここに本気で向き合うと、少しずつですが、内側にある本来の『自分』が目覚めるのかもしれません。

どんな人間にも必ず『善』も『愛』もあり、それこそが本来のその人であると私は信じています。

『素直』に『感謝』できる人が少しずつ増えることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です