五つの言葉

くまさんの作品群の中でも、登場回数がダントツに多い『3つ言葉』

何度もご紹介している、『口の言葉』『手の言葉』『足の言葉』です。

ところが、最近進化をとげ、3つに加えて、2項目追加されたようなのです。

k218

2つ増えて、以下のようになりました。

『目の言葉』=『目は口ほどにものをいう』

『口の言葉』=『口先だけ』

『手の言葉』=『書類だけ』

『足の言葉』=『実行・行動が伴う』

『足跡の言葉』=『責任が伴う』

合計5つとなった『言葉』の種類ですが、『目の言葉』『足跡の言葉』というものが追加されています。

さて、追加分の2つは、どんな意味なのでしょう?

またまた、私流の解釈です。

くまさんの真意と違っていたらごめんなさい。

『目の言葉』は、読み取ることが難しい場合もありますが、時には『口の言葉』よりも雄弁であり、真実を『目』が語っていることもあります。

『電話』での会話を想像してみてください。

会話のパーツは、『音声』だけです。

表情や姿勢といった『視覚』から得られる情報が遮断された状態。

この状態だと、伝達されるものは著しく低下し、半分以下にカットされているという方がいるほど、情報量は減少しているのです。

その情報源の中でも、『目』からの情報は特徴的で、嘘がつけません。

『目が泳ぐ』『目をそらす』といった表現があるように、人は嘘をつくときには、直面することができずに反射的に視線をそらしてしまいます。

整形手術で、どれほどいじったとしても、顔のパーツで唯一いじれない場所が、眼球。

こうしたことから、『目』が語る『言葉』は、文字通り『口ほどにものをいう』ということになるのです。

そして、次の『足跡の言葉』です。

これは、『足の言葉』の延長線上にあると考えられます。

ポイントは、『足跡』は、実際に動かない限り残ることはありえないということ。

『足の言葉』は、現在進行形。

『足跡の言葉』は、過去形。

『足の言葉』の集大成が『足跡』となって残っています。

前者を生放送にたとえるならば、後者は、収録されたビデオのようなもの。

後から見返せるので、いい加減なことはできません。

ゆえに、そこには『責任』が伴うのです。

その人の人間性は、これら5つの言葉によって、浮き彫りになります。

総合的に判定して、発言内容が優良であるかどうか?

それが、その方の人としての価値といえるのではないかと、私は思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です